クリアブルー排卵検査器

妊活を始めたけれどなかなか子供を授かることが出来なくて、妊活が長引きそうなご夫婦に、クリアブルー排卵検査器をおすすめしたいなと思います。

 

妊活が長引いてしまっている理由はたくさんあると思います。

 

例えば、お互いに仕事をしていて仲良しのタイミングがとりにくい、生理周期が安定していないからいつタイミングをとるのがいいのかわからない、
排卵検査薬を使っているけれどいつが陽性でいつタイミングをとるのかの判断が出来ない。
などのたくさんの理由があると思います。

 

私の場合は、まだ2歳の子供がいる中での妊活でしたので、小さい子供次第では排卵前なのにタイミングが取れないという月もあり、妊活が長引きました。
また、私一人が焦っているせいで、旦那さんにもプレッシャーを与えていたようです。

 

妊活が長引いてしまっている人、一般的な排卵検査薬を使っているのタイミングが取れない人におすすめしたいクリアブルー排卵検査器についてご案内出来たらなと思います。

 

目次

・クリアブルー排卵検査器をおすすめしている人が限定されているのはどうして?
・高い!それでも必要とされるクリアブルー排卵検査器
・必要のなくなったクリアブルー排卵検査器はどうする?
・忙しくてタイミングをとれないご夫婦におすすめ
・クリアブルー排卵検査器を使う事で妊娠出来る確率は上がる?
・産み分けにも活躍してくれそうです
・排卵日をより早く予測する事ができます
・まとめ

 

クリアブルー排卵検査器をおすすめしている人が限定されているのはどうして?

 

排卵検査薬はネット通販や、薬局などで購入し、自宅で簡単に妊活のアイテムとして使う事ができるものです。
その中でもクリアブルー排卵検査器は、一番早く排卵日の予測が出来ると思います。

 

とはいえ、気軽に購入できる金額ではない!と思ってしまう方がいるくらい値段が高めです。
海外製の安い排卵検査薬でしたら100本まとめ買いをしたとしても、1万円以下で購入できます。

 

クリアブルー排卵検査器は、検査器と検査薬30本セットで購入すると54800円と高額になってしまいます。
正直気軽に購入できる品物ではないですよね。

 

しかし、なかなか妊娠出来ない事に焦っていて、でも病院へ行く時間もパートナーと仲良しのタイミングをとるのも難しいというご夫婦には、
クリアブルー排卵検査器を使って妊活するのも手かなと考えます。

 

例えば、旦那さんの仕事が忙しかったり、不定休の仕事をしていたり、夜勤の仕事をしているとなかなかベストなタイミングで仲良しをするのは難しいと思います。
一般的な排卵検査薬ですと、排卵日の2日前や1日前を知る事が出来まずが、そうなると検査して陽性になったらすぐに仲良ししなくてはですよね。
排卵検査薬を使って排卵日を特定できたとしても、旦那さんが忙しいと「その日」にタイミングが取れないと思います。

 

排卵日は月に1度しかありませんから、ベストなタイミングでの仲良しのチャンスは2回くらいしかない訳です。
なかなか赤ちゃんを授かれないから、不妊治療の病院へ行ってみようとしたところで、旦那んさんがその日に都合をつけてくれるのも難しいのかなと思います。
男性は女性に比べると、不妊治療の病院へ行くことに抵抗があるのかなと感じますから。

 

このような問題を抱えているご夫婦の場合は、一般的な排卵検査薬ではなくクリアブルー排卵検査器を使ってみることをおすすめします。
というのも、クリアブルー排卵検査器は最大で5日前に排卵日の予測をしてくれるんです。
5日前に知れるという事は、一番妊娠しやすいといわれている排卵日の2日前を3日も前から知る事ができます。
仲良しのチャンスは3日前から当日まであるので、旦那さんも都合を付けやすいですよね。

 

ご自宅に早く帰って来て欲しい日を数日前から伝えることが出来るのは、妊活にとってかなりのメリットだと思います。

 

また、生理不順だから排卵日の予測が自分自身で簡単には出来ないという方にもおすすめできます。

 

6回分の生理周期を記録するという機能が付いているので、過去のデータを簡単に一覧出来るようになっているんです。
生理が不順だと、いつが排卵日なのかという事が全く見当がつかないんですよね。
クリアブルー排卵検査器を使う事で、生理不順を気にすることなく仲良しのタイミングをとる日を決めることが出来てしまいます。

 

 

高い!それでも必要とされるクリアブルー排卵検査器

 

先ほども書いた通り、クリアブルー排卵検査器は値段が高いです。
でもメリットがたくさんありあります。デジタル表記で簡単に陽性の判断が出来る点、排卵日を5日前から予測することが出来る、過去6回の記録をしてくれる
などのメリットです。

 

不妊治療を始めた場合になると、最初の病院の検査で数万円かかるし、人工授精の場合でも2周期で5万円くらいと聞いたことがありますから、
クリアブルー排卵検査器は人工授精2回分と同じくらいの金額になりますよね。

 

だったら、人工授精しちゃった方が早いじゃんと考えてしまう人もいると思います。
ただ、旦那さんが不妊治療に抵抗があったり、人工授精等をする前に自分たちでも頑張って妊活してみたいと思っている人もいると思うので、
まずはクリアブルー排卵検査器から始めるというのも一つの手ではないでしょうか。

 

それに、不妊治療を始めるのって想像以上に気力や時間が必要になります。病院へ何度も足を運んだなどの手間もあります。

 

まずは自分たちで妊活してみて、半年から1年妊娠出来なかったとなったら、不妊治療の相談に行くのでも遅くないと思います。

 

 

必要のなくなったクリアブルー排卵検査器はどうする?

 

念願かなって妊娠出来た時、自己流の妊活では赤ちゃんを授かることが出来ずに不妊治療を始める事にした時、こうなるとクリアブルー排卵検査器は不用になってしまいますよね。
かなりの高額商品を買っていますから、簡単に捨てるのももったいないなぁと思ってしまいます。

 

とはいえ、家にしまって置くのもどうかなと思います。
私は不要になった排卵検査薬を妊活中の友達に譲りました。
友達はもらう事に抵抗を持ったかもしれませんが、少しでも役に立ってもらったら嬉しいなぁと思い渡しました。

 

あれから長らく経ちましたが、友達も現在妊娠中です。
自己流のタイミングでは妊娠することが出来ず、最終的に不妊治療に挑み結果授かる事ができました。

 

ちなみに、友達は私が渡した排卵検査薬を職場の仲良しさんにも渡したそうです。その子は、排卵検査薬を使い始めた数か月後には、妊娠することが出来たと聞きました。
何もせずに妊活しているだけでなく、やはいり排卵日を特定して妊活するのは妊娠への近道なんだなと思いました。

 

何気なく譲ったものが、大活躍してくれたと聞くと嬉しいですよね。
クリアブルー排卵検査器も誰かに引き継がれ、大活躍してくれるかもしれません。必要がなくなってしまったものをしまい込まず、誰かに譲っちゃいましょう。

 

まだまだ子供を産みたいと考えている方は、次の為に大事にしまって置いた方がいいですよね。

 

 

忙しくてタイミングをとれないご夫婦におすすめ

 

最終的には本格的な不妊治療も視野に入れなくてはいけませんが、不妊治療ともなるとクリアブルー排卵検査器の値段のように5万とかの費用で済むというレベルではないです。
出来れば、不妊治療に進む前に赤ちゃんを授かりたいなと思いますよね。

 

まずは、自宅で排卵検査薬を使いタイミング法を試して妊活するのがベストだと思います。
海外製の一般的な排卵検査薬ですと、排卵日の2日前を予測する事ができますので、2日前を確認できたタイミングで仲良しをするというのを、毎月続けていきます。
2日前からタイミングが取れれば、1度の排卵期に2回~3回は仲良しできますよね。

 

しかし、忙しいご夫婦だと、なかなか仲良しのタイミングをとるのが難しいと聞きました。
実際に、排卵日の2日前を確認できたとしても、その日に急に仲良しという流れにはなれないそうです。

 

旦那さんの仕事が夜勤もあったり、交代制のシフトだったりすると、奥さんとの休みがなかなか合わないというすれ違いの日常になってしまうみたいです。
こういったご夫婦は妊娠しにくいようです。

 

普通に休みが固定で決まっていて、夜は7時頃には帰ってきているという旦那さんでも、今日の夜仲良しだよと言われても「えっ?」って思ってしまうみたい。
そう思うと、忙しいご夫婦だったら尚更ですよね。

 

そこで活躍するのは、一般的な排卵検査薬ではなく、クリアブルー排卵検査器ではないかと思います。
クリアブルー排卵検査器は、排卵日の5日前を予測することが出来ます。

 

5日前を知る事ができれば、仲良しするタイミングの日を伝えるのにも、かなり余裕が出来ますよね。
これだけ時間に余裕があれば、1日だけでも都合を付けられる日を作る事ができそうです。

 

忙しいご夫婦には、まずは一般的な排卵検査薬からではなく、初めからクリアブルー排卵検査器を使用して妊活をしてほしいなぁと思います。

 

 

クリアブルー排卵検査器を使う事で妊娠出来る確率は上がる?

 

夫婦だし一緒に住んでいるんだから、すぐに妊娠するでしょうという考えが普通だと思います。

 

しかし、妊活が進めば進むほど、仲良しから遠ざかってしまう、というのも事実としてあるんです。

 

私が妊活した時もそうですが、赤ちゃんがなかなか出来ないという話になると、仲良しどころではなくなってしまう雰囲気になることもありました。
それに、自然の流れで仲良しになるとう事もなくなり、排卵日の予測をする事に集中してしまい、そのタイミングを逃すまいと必死になってしまいました。

 

私が使っていた排卵検査薬は、排卵日の2日前だったので、今日か明日タイミングをとらなくてはだったので、旦那さんにもかなりのプレッシャーを与えていたようです。
パートナーが仕事で遅い日もあったり、風邪を引いてしまったりと、タイミングをとれない月もあったので、ギクシャクしてしまった時も多々ありました。

 

もし、あの時クリアブルー排卵検査器に出会っていれば、もう少し早く妊娠することが出来たのかなとも思いました。
2日前を知るよりも、5日前を知ったほうが、時間的にもメンタル的にも余裕ができますからね。

 

そう考えると、クリアブルー排卵検査器を使う事で、妊娠する確率は上がるのかなと思いました。
それに、仲良しのベストタイミングの前に、フレッシュな精子を準備してもらえる事も可能だなと思いました。古い精子よりは、新しい精子の方がいいですもんね。

 

少しでも妊娠の確率を上げるために、クリアブルー排卵検査器を使ってもらいたいなと思います。

 

産み分けにも活躍してくれそうです

 

クリアブルー排卵検査器は産み分けにも活躍してくれそうだなと思いました。

 

実際に妊活をしている人は、希望の性別の子を授かれるといいなと思っていると思います。
最初の子は男の子がいいな~とか、1人っ子の予定だから女の子がいいなぁ~とか、跡取りが必要だからどうしても男の子を産まないとな~とか、それぞれの理由があると思います。

 

出産してしまえば、男の子であろうが女の子であろうが、自分の子供が可愛いのですが、出来れば希望の性別をと思ってしまいますね。

 

本気で産み分けを考えているという人は、ぜひクリアブルー排卵検査器を使ってもらいたいなぁと思います。
理由としてはやはり、排卵日の5日前という早い段階から、排卵日を予測できるというメリットが大きいからです。
それに、クリアブルー排卵検査器はデジタル表記なので、その表記の結果によって女の子、男の子とタイミングが取れるのです。

 

クリアブルー排卵検査器は3段階で表記され、Low、Hight、Peakの3つにわかれています。

 

妊娠の確率が高い日はHighになりますので、Highの時にタイミングをとれば女の子。
最も高い日はPeakになりますので、Peakの場合は男の子という感じでタイミングをとる事ができます。

 

今日は排卵日の何日前だろう、今日かな?などモヤモヤ考える事も必要なく、Highになったからタイミングを取り始めるという感覚で大丈夫だと思います。

 

しかし、あくまでも産み分けは可能性があるという程度なので、絶対はないと思っていた方がいいと思います。
あまり強く願って考えすぎると、授かった赤ちゃんが困惑してしまいます。
どっちの性別でも受け入れられるように、男の子の場合と女の子の場合の2パターンでイメージしていた方がいいと思います。

 

とはいえ、少しでも希望に添えるように、クリアブルー排卵検査器を活用するのはいいと思います。
後悔しないように、出来る事はしておいた方がいいですよね。

 

 

排卵日をより早く予測する事ができます

 

よく耳にするのが、一番妊娠しやすいのは排卵日の2日前や1日前という事です。

 

しかし、3日前での仲良しのタイミングも可能性はあります。ならば、3日前からでもタイミングをとっていきたいですよね。
だって、排卵日は1ヵ月に1回しかないのですから。1回の排卵で数回のタイミングは取っておきたいかなと思います。
クリアブルー排卵検査器だったらそれが可能ですよね。

 

どうして可能なのかと言うと、一般的な排卵検査薬とは違い、クリアブルー排卵検査器は5日も前に排卵日を予測できるからです。

 

その違いは、検査にあります。
一般的な排卵検査薬では、黄体形成ホルモンのみを察知しています。
ホルモンの量が基準の量に達すれば陽性、量が少なければ陰性と検査結果が出てきます。

 

クリアブルー排卵検査器も同様に黄体形成ホルモンを察知するのですが、もう一つそのれよりも前に分泌されるエストロゲンというホルモンを察知するのです。
その結果、排卵日の最大5日前を予測することが出来ます。

 

一般的な排卵検査薬と基本的な検査方法は変わらないので、使い方が難しいという事がないので安心してください。

 

 

排卵日の5日前と言ったところで、なかなか排卵日までのイメージを作るのは難しいと思います。
クリアブルー排卵検査器は検査結果の表記がデジタル式で、Low、High、Peakと3表記となります。

 

一般的な排卵検査薬だと試験紙のラインの濃さなどで判断するので、何日前とか排卵日はいつなのかなどの判断に難しさを感じることもあります。

 

その点、クリアブルー排卵検査器だと判断の難しさはないですよね。
5日~4日前だとLow、3日~2日前だとHigh、1日前になるとPeakと単純に考えていいと思います。

 

Lowの段階でそろそろタイミングをとる日だなと準備を始め、Highになったら仲良しのタイミングをとり始めるという流れでしょうか。
Peakの段階では、一般的な排卵検査薬で言うとテストラインが一番濃くなった時と同じタイミングだと思います。
1日前から半日前になるのでタイミングをとっても遅くはないと思います。

 

仲良しのタイミングをいつ取るのかの判断が簡単に出来るというのは、かなりのメリットだと思います。
デジタル表記のお蔭で、迷うというストレスがないのでいいですよね。

 

まとめ

 

クリアブルー排卵検査器は一般的な排卵検査薬と比べると、お値段が高いです。

 

しかし、一般的なものと比べてデジタル表記で結果が分かりやすい、半年間の統計を記録することが出来る、タイミングをとった日の記録ができるなどのメリットもたくさんあります。

 

それに最大のポイントの排卵日の5日前の予測が可能ということ。これを忘れてはいけませんよね。

 

妊活に行き詰っていたり、パートナーが忙しく仲良しの予定を立てることが出来ない、産み分けをしたいという考えがある方などは、
一般的なものよりもクリアブルー排卵検査器がおすすめなのかなと思います。